退職代行サービスに「失敗」することはある? 100%の成功率を誇る理由とは

退職失敗

退職代行サービスのサイトを見ると「退職の成功率100%」と書かれていることが多いのが見て取れるかと思います。

依頼する側の視点では「そもそも本当に退職できるのか」という疑いもありますし、100%という数字を見てしまうと胡散臭く感じてしまうこともありますよね。

しかし実際に、退職代行サービスの成功率が高いのは事実。どうしてそこまで高い数値が出せるのか、実際に検証してみました。

成功率100%が意味することとは

「退職成功率100%」の業者が意味するところはなんなのか。

結論からいうと、法律的に退職の意志を2週間前までに事業者側に伝えれば100%退職できるため、法的な根拠に基づいて100%と謳っているのですね。

なので、結論からいえばどの業者を使っても100%事実上は退職できるわけです。できないとすれば、その企業は法律違反を犯しているということになりますから。

そういった理由から、退職に失敗したら「全額保証」などといったサービスをつけてたりするんですよね。実際失敗することはほとんどありません。

退職代行業者を利用した失敗がほとんどない理由

退職の2週間前までにその旨を伝えていれば会社の意志に関係なく、退職できるという法律があります。

そもそも「うちは労働法に加入していない」なんていうことはできないですから、裁判をすれば法律違反として負けてしまうのは企業側になるんですね。

そのため、退職の意志を2週間前までに伝えていれば通常は退職することができます。

しかし企業側はあの手この手で退職を阻止してきますから、そのときにスペシャリストである代行サービス業者が交渉役として役立つということになるんですね。

退職が100%成功しやすい理由

前述しましたが、代行業者はいわば第三者です。

第三者が介入して退職を手助けしてくれるんですから、会社側としてもやりづらいわけですよね。

部下には辞めないよう圧力をかけることができますが、第三者が間に入ってしまえば法律を武器にその方法も使うことができません。

また退職代行業者がここまで流行ることになっていることで、会社側としても「代行業者には素直に従っておいたほがいい」という共通認識も広まってきているということもあります。

業者の中には弁護士が行っているサービスもありますから、本物の弁護士と争いたいという企業はなかなかありませんよね。

そういった諸事情をまとめてみると、退職成功率が100%近いという実績にも納得がいくかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました